« おや「ぢ」の奮闘紀、まえおき。 | トップページ | おや「ぢ」の奮闘紀、術後、退院編 »

2007.08.17

おや「ぢ」の奮闘紀、入院、手術編

8月9日、入院当日

昼食後、車に乗って家を出発。都内某所にある病院を目指します。
この日は道路も意外に空いていて、予定より早く着いてしまいそうだ。
天気がいいのでもっとこのままドライブしていたかったのだが(永遠に着きたくなかったとも言う^^;)、すんなり病院に到着、受付を済ませ病室へ案内される。

3階の角部屋で2人部屋
同室の方はカーテンの奥のほうで休んでいられるようだ。

着替えを済ませるとすぐに剃毛の儀式がやってきた^^;
看護婦さんが丁寧に背中と太もも後ろ側とお尻の毛を剃ってくれました。

めちゃくちゃくすぐったいです。お尻の剃毛は・・・
私、耳の掃除も人にやられるのは絶対耐えられないのですが、それ×3倍、いや5倍くらいダメだな。。
鳥肌たてながら声を抑えるのに必死でした^^;

剃毛を終えて、明日の手術後までの説明を受ける。
麻酔が腰椎麻酔ですので、副作用防止の為に手術後丸1日起き上がれないらしい。
術後の水分補給に事前にペットボトル2,3本の水やスポーツドリンクなどを準備しておく。

20070809181046
PM6時夕食の時間
明日は絶食。腹減るだろうな?って思いながら、夕食を食す。
この日のメニューはミートローフとサラダにご飯とフルーツ缶詰のデザート付き。
病院食も初体験ですが、意外に美味しかったので満足。

所定の喫煙所にて食後の一服。
明日の手術のイメトレをしながら・・(笑)

PM9時消灯

寝れるはずはない。こんな時間に・・
12時くらいまで喫煙所と病室を何往復したことか・・・(^^ゞ


8月10日手術当日

昨夜は緊張のせいか、いまいちよく寝られなかった。(かなりビビリなわたくし^^;)
20070810093345
AM6時、点滴を開始する。
7時以降水分も摂れなくなるので、ペットボトルのお茶で喉を潤す。

これから禁煙にもなるため、この間数回喫煙所にてスパスパ(^。^)y-.。o○
(T字型の点滴ハンガー?を引きずりながら)

同室の○○さんが声をかけてきてくれました。
この方はすでに4日前に私と同じ内外痔核の手術を済ませていました。

「手術中は腰椎麻酔が完全に効いているんで、痛みはぜんぜんありませんよ。」
「麻酔が覚めてくるあたりから、重い痛みが少し来ます」
「最初のおしっこが出るまでお腹が苦しいかな。」
とか、いろいろアドバイスをいただきました。
随分気が楽になりました。○○さん感謝。多謝です。(^^)

AM8時、朝食の時間
当然のことながら私には食事は無い・・(^^ゞ

AM9時、浣腸タイム^^;
これも初体験だった為、看護婦さんにここで出ちゃったら?とか、しようと思ったらトイレあいてなかったら?とか不安になり質問しまくり・・(笑)
「2分間我慢して下さいね」
との言いつけでしたが、我慢できず1分2,30秒で果ててしまったわたくし。。(早漏だな^^;)

手術の呼び出し
AM10時過ぎ、いよいよまな板にお呼びがかかった(>_<)

歩いて手術室に向かいます。
そこにはT医師と助手の方ともう一人女性の看護士の方3人がいました。
中央には肛門科独特の形状をした手術台。天井からはよくドラマで出てくるような手術室の照明がぶら下がっています。

手術台にうつ伏せに寝そべると、まず腰椎麻酔の準備、背中に消毒処理が施されます。
ヒヤ~っとした感触がより緊張感を与えてくれます。

消毒が済むと、麻酔液が注射される。
膝を抱えるように丸くなって腰を動かさないように静止する。
一瞬チクッとしたかと思ったら、下半身がジワ~っと熱くなりすぐに感覚がなくなるのがわかった。

自動血圧計と、心拍計をつけて準備が整いました。

「では、始めます。」と、先生の声。
うつ伏せ状態なんで手術の様子は私には見えませんが、全然触られたり、切られたりしてる感覚はありません。

私の痔核は合計4つ、特大な2つを切除、あとの2つをジオン注で処理するという説明を受ける。

すべて切除してしまうと回復に日にちが掛かるとの事で、事前の打ち合わせで2箇所切除、ジオン注との組み合わせで処理する事で3泊4日での退院の方向で進めましょう。とT先生と話がついていました。

世間話も交えてわりと穏やかな時間のまま手術終了。
手術時間約25分

ストレッチャーに乗せられ、病室に戻りました。

|

« おや「ぢ」の奮闘紀、まえおき。 | トップページ | おや「ぢ」の奮闘紀、術後、退院編 »

コメント

臨場感のある文章にこちらもドキドキでした。
僕が手術(「ぢ」ではありませんが)した時の緊張感が蘇ってきましたよ。
ちなみに僕の時の剃毛は見習い研修生の女性の看護士さん。
お浣腸は男性の看護士さんでした(^^;
やはり早漏でした(笑)

投稿: こば | 2007.08.17 20:30

こばさん、こんにちは

現場の雰囲気ちょっとは伝わったでしょうか?
剃毛はもう勘弁です。くすぐったくって堪りませんでした^^;
見習い研修生は何をやられるにも嫌ですね。
注射や採血なんかは痛みが随分違うでしょうしね。

こばさんも早漏でしたか~(^O^)お仲間。お仲間。。
男性の看護士に浣腸されるのも微妙・・(笑)

投稿: KIKU | 2007.08.18 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17470/16145798

この記事へのトラックバック一覧です: おや「ぢ」の奮闘紀、入院、手術編:

« おや「ぢ」の奮闘紀、まえおき。 | トップページ | おや「ぢ」の奮闘紀、術後、退院編 »