« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

1,000km点検

Dsc00225
昨日の日曜日は雨降るなか、カッパ着てX-ロードの1,000km点検に行ってきました。
ウインカースイッチの不具合も直してもらい、イイ感じです。

オイル交換も終え、これで慣らし終了。思いっきり回せます(^O^)

帰り道はいつもよりほんのちょっぴりオーバーペースで・・
しかし雨なんで慎重に(^^ゞ

走行距離:1280km

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.06.24

○○詐欺?

先ほどかかってきた電話。

「○○電力の系列の株式会社○○のものですけど、お宅様でご使用されている200Vの動力電源の件でお話があるんですけど、担当の方いらっしゃいますか?」

ナンバーディスプレーで確認してみると案の定「非通知」

怪しい。怪しすぎる。。

以前も関東○○保安協会の名を語った点検詐欺のような者からも電話が来たっけ(^^ゞ

「担当のものは生憎入院していまして、今回はそうとう重病なんでおそらく帰ってこれないかもしれません。」
と、今回はこんな返事をかえしておいた(笑)

「出かけている」とか、「席を外している」とか曖昧な返事を返すと、またかかってくるんで、毎回その手の詐欺まがいなヤツや、先物取引、投資なんかの電話には期限が定まらない、いつ会えるかわからない返事を返すことにしているw

最近、嫌な電話が多くて困りますわぃ^^;

さて、今日はそろそろ帰るとしますかねぇ。。今日はSDRでぇ・・♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.06.18

ニードルの状態

20080618161927 20080618162023 20080618162058

90,000km頑張ってくれたニードルです。
かえさん、こんな感じでイイですかぃ(^^ゞ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.17

復活。

20080617104518

20080617104544

SDR 完全復活しました(^^♪
皆さんアドバイスありがとうございましたm(__)m

PORコーティングだけでガソリン漏れは全くありません。

不動になって2ヶ月間。永かった~~

ニードルセットも替えておいたんで(かえさんTHANK YOU♪)アクセル開閉時のギクシャクしたばたつき感も改善されました。

イイ。SDRって、やっぱいいです♪


しかし、今回もしっかりオチがありました。

このポリタンクにはガソリンが入ってるって何の疑いもなく「灯油」を突っ込んでしまいました。
いくらキックしてもそりゃ~掛かりませんよね~(笑)
ガソリンは隣のポリタンクの方でした~~^^;

灯油抜いて、キャブ分解して余計な作業をする破目に陥ることに・・(涙)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.06.13

デザイン変更

カーボンシートのデザインを少し変えてみました。

今度はトラスイメージで♪

20080613104044 20080613104117

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.12

タンクの孔隠し

タンクの孔部分の化粧直し(ボロ隠し^^;)をしました。

使用したのは㈱ハセ・プロのマジカルカーボンという伸びるカーボンシートです。
因みに本物のカーボン素材です♪

20080612172044 20080612172228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.10

今年もスズムシ

今年も孵化してきました。・・・スズムシ(^^)

仕事場、自宅とも6月9日でした。
今年は遅かった・・とうとうヤッっちゃったかと思いました^^;

まだ数匹だけですが、今後ウジャウジャ産まれてくるでしょう(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.09

タンク乾燥中

20080609155217_2
コーティング作業を行った先週の土曜日・・

blogを書き終えて、さてどんな具合かな?このまま放置して月曜日にマスキングを剥がすかな。と一応最終チェックしてみた。
給油口のあたりは問題なし。
下口は?と養生してた古新聞を一部破って確認してみた。

ヤッベ~~~!!
下から少し漏れてて、流れたPORのスジが一部タンク側面まで回って来てました(T_T)

急いで養生を剥がし、拭いてみたが、すでに固まりかけています。
シンナーを使い慎重に少しづつ落として事なきをえましたが、危ない所でした^^;
(ひじょうに焦っていた為、画像は撮ってませんww)

何方かが下部分はガムテープだけだと滲んで漏れると言ってましたので、プラ板を当ててその上をガムテープで覆っておいたんですが、やり方がまずかったみたいです^^;

PORが漏れてコック接合面に段差が生じてしまった為、スクリーパーで剥がして平らに修正。

そして本日は「孔埋め作業」をやろうかと思ってましたが、この位のピンホールはPORで完全に埋まってるはず。
いらないかな?と感じてパテ盛りはおうちゃくして中止としました(^^)

下部コック部分のネジだけ外しておこうと+ドライバーで回してみる。
外れなくなる恐れがあるのでわりとゆるめに締めていたつもりなんだが、何と外れない・・・
二つのうち一つは、なんとかゆるめる事ができた。

しかし、もう一つの方は見事になめてしまった(ーー;)

何とかプライヤーで挟んで取れましたが、ちょっと焦りました。。
また、かえぅさんに救助求めるところでした(笑)


あとは完全に乾くのを待って、穴部分の化粧処理を施して一応終了かな。。
あ!所々剥げてる部分のタッチアップもしておかないとね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.07

コーティング終了しました(^^)

コーティング作業、先ほど終了しました。

かえぅすきさん、はっさくさん、ベルーガさん、PORさん、皆さんのアドバイスのおかげで何とかコーティング終えました(^^ゞ
有難うございました。。m(__)m

どの位から硬化しだすのか解らず、少し焦ってわりとサラサラの状態でスポイドで吸い出しちゃったのが少しばかり心残りです。
今思えばもう少し永く太極拳を踊ってたほうが良かったかな^^;
吸い出した量からコーティングに使った量は8オンス缶のちょうど半分でした。

工程としては、まず全体をマスキング。
Dsc00326

PORを良く振って、割り箸でまぜまぜ。(結構下のほうに固まりがありましたので均一にまぜました)
Dsc00330

少しづつPORをいれる。最終的には全量を投入。

見える範囲で液体の粘度、流れ方を確認しつつ太極拳を踊るw

給油口をマスキングして、いろいろ角度を変えて液体の流れをイメージしながら踊り続ける(^O^)

タンクを逆さまにしてPORを上部に集め、PORさんの言われてた「防波堤の上に波が掛かるイメージ」を意識しながらタンクキャップの凸部分に乗っかるように揺すりました。

暫らくして給油口のマスキングを剥がし、中を確認してイイ感じかな?と判断、スポイドで「みずたまり」部分のPORを回収。
Dsc00331

現在、方向をいろいろ変えながら様子見しています。

Dsc00285 Dsc00310 Dsc00333

Before Aftarの変化です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.05

「G」を抜いて乾燥

花咲かGを先ほど抜きました。
再使用できるらしいので、捨てずにポリタンクに保管します。

ポンプを使い粗方抜いてから下のバイパスパーツも外し出せるだけ出します。

その後、ホースでジャブジャブ水洗いします。
まだ錆カスの残りが出てきましたので、可能な限り入念に。。

洗い終えたら下部の穴をガムテープで塞ぎ説明書の通り20倍くらいの希釈液でリンス。(給油口も塞ぎ上部にもいきわたらせます)

Dsc00308

まんべんなく回したらすぐに抜きます。
ウエスを突っ込んでなるべく水滴を除去して自然乾燥させている状態です。

Dsc00309

内部はこんなにきれいになりましたが、給油口のふちが落ちてないというか以前より酷くなってる?
Dsc00310 Dsc00285

完全に乾かしてその後コーティング作業に移ります。

来週、乾燥した良い天気な日にやろうと思います(^^ゞ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.06.03

花さかG投入

ベルーガさんからいろいろ届きました(^^)

Dsc00271 Dsc00274

Dsc00276 Dsc00277

タンク錆取り開始です。


まずタンクのぶつけそうな部分をプチプチで簡単に養生して、内部を台所洗剤を使いホースを突っ込んでジャブジャブ洗います。
Dsc00283 Dsc00286

上下左右にシェイクして洗剤をよく泡立て洗い、そしてホースのノズルを狭めたりして勢いよく内部に吹き付け良く流します。
錆が随分でてきました。
Dsc00287

次に、燃料フィルター部分を外してバイパス処理されたパーツを取り付け下穴を塞ぎました。
Dsc00300 Dsc00299

孔の開いた部分とピンホールの出来そうな怪しい部分を布ガムテープを貼り付けておきます。

花さかGは10倍から20倍に薄めて使うとの事ですので、錆の状態から私は750cc(約13倍)使用する事にしました。
Dsc00290 Dsc00292

9LITERのポリタンクが手元にあったのでコイツを使い、水→お湯→花さかG→水の順番で希釈液を作りました。

そしていよいよ投入です。
漏れても良いように衣装ケースの中で作業します。

ペットボトルを半分に切断したジョウゴを使うとやりやすいですよ(^^)
Dsc00289 Dsc00294

すべて入れきったら微調整はペットボトルに入れた水で慎重に・・
上部で泡だってきますんで、タンクすり切りいっぱいまで入れる為には根気良く時間をかけて行いました。

ガムテープで蓋をして5日間くらい漬け込みます。

Dsc00295

今朝確認してみるとわずかに液漏れしてました^^;
中身はどうなってるか?・・けっこう真っ黒な液体になってますね。

Dsc00297 Dsc00298

ひっくり返して穴部分のガムテープを交換。
毎日取り換えないとダメかも・・^^;

タンクを逆さまにすると、ガムテープでは水圧がかかってもろいですね。ジワジワ滲んできてしまいます。
上穴部分に茶ずつの蓋か、CRCなんかのキャップをあてて逆さまにすると良いかもしれません。

(追記です)
かえさんから「給油口横の水抜きパイプも錆取り&防食処理しとくのをお勧めします。」
とのアドバイスをもらったんでやっときました(^^ゞ
Dsc00301

注射器なんかがあれば楽なんでしょうが、そんなもんありませんw
ストローで地道に注ぎ入れました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.06.02

タンク作業開始しました。

ベルーガさんから先週もろもろ届きました♪


まだ足りない物がありそうなんで整理しておこうっと。。

(ベルーガさんとこでそろえた物)

○花さかGタンククリーナー
○POR15タンクシーラー
○90202-05187×2(ワッシャ、プレート)90202-06010
○90149-06011×2(スクリュ)
○タンクキャップパッキン

(以前、亜光産業で買ったもの)

○47X-24560-00(フィルタアンセンブリ)
○90445-133F1(ホース)
○90445-133F0(ホース)
○90467-14057×4(クリップ)
○90445-104F3(ホース)

(その他)

○GM-8300(穴埋めパテ)
○Magical Carbon
○台所洗剤

(必要な物)

●衣装ケース(作業用)
●マスキングテープ
●ガムテープ
●ポリタンク
●手動ポンプ
●ウエス
○スポイド(PORさんに助言いただき追加)

先ほど、いよいよタンク内洗浄、孔マスキングして「花さかG」投入しました(^^)

詳細は後日アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »