« 物欲が・・ | トップページ | 突然の入院 大腸憩室炎 »

2008.11.28

油膜消滅

水槽の水面に漂う油膜が以前から気になっていました。

ディスカスの餌は、ディスカスハンバーグと、冷凍赤ムシ
以前はエアレーションをして対策?というか誤魔化していましたが、ポンプの音がうるさくなって最近では何の対策もしないでいた為、一週間後の水換えの時期にはヌメヌメした油でべっとりとした状態でした^^;

エーハイム純正の油膜とりは販売されていますが、壱萬圓以上します。
なんか無いものか?・・・

あったんですね。これが(^^♪

ウォータープラントシステム高性能油膜取り器サーフェーススキマー ¥1,700也♪
パイプの径に対応するアダプターが付いてるので22mmのパイプ外形まで対応できます。

ストレイナーの先に、このパーツを取り付け、早速始動。
・・・とはいかず、フロート部分の調整に少しコツがあるようです。

水面の油膜を捉える部分は中に空気を溜めて浮かべる構造になっています。
浮かべることで水の蒸発による水位低下にも対応しているんですねぇ・・
空気を入れすぎると吸い込む部分の切れ目より水面が低くなってしまい水が入っていきません。
逆に空気を抜きすぎると水没。
そこの空気の量と吸い込む勢いとのバランスが難しく、最初はちょっと苦労しましたが、設置して2回目の水換えの一昨日、しっかりコツをつかみました(^^ゞ

キラキラした水面に大変満足。満足。。


魚より、水面をみて癒されてます。最近は・・(笑)

|

« 物欲が・・ | トップページ | 突然の入院 大腸憩室炎 »

コメント

どーも、こんばんは私も前にこの手の油膜取り使いました(黒いボディの奴でした)やはり空気とのバランス取りが難しかったです。使っている間にスライドするパイプにゴミやコケがたまり使わなくなったと思います。最近のやつは改善されているのかな〜 久しぶりに近所のティ○ラにでも見にいってきますー   水槽の中には近所の池で取ったクチボソとハゼしかいないARUMOKUでした。。。。

投稿: ARUMOKU | 2008.11.29 20:19

ARUMOKUさん、こんにちは
アクアリストだったとは(^。^)

私も釣ってきた魚を飼うの好きですね。
昔はウグイやオイカワ、アブラハヤ、カワムツなんかが泳いでました♪

こんな手軽な油膜取りがあったの知ってたらもっと早く使いたかったですね。

>ティ○ラ
私はもっぱら「か○だい」です(^^)

投稿: kiku | 2008.11.30 11:19

どうもご無沙汰してます。
すっかりネットから遠ざかっているこばです。
お邪魔するのも久しぶりで自分のHPも放置ですが今年も宜しくお願いいたします。

>昔はウグイやオイカワ、アブラハヤ、カワムツなんかが泳いでました♪

この一行で小学生の頃に多摩川で釣ってきたウグイやオイカワを飼っていた懐かしい記憶を思い出しました。
鮎も飼ったことがありましたがすぐに死んでしまったっけ。。。

●SDR通信(笑)
昨秋からぼちぼち乗ってますよ~
久しぶりに乗ったらオイルポンプが死にましたが中のオイルシール換えてとりあえず快走してます。
春にはタイヤも換えて♪久しぶりにオフ会にも参加♪ですね~

でわでわ。

投稿: こば | 2009.01.27 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17470/43254640

この記事へのトラックバック一覧です: 油膜消滅:

« 物欲が・・ | トップページ | 突然の入院 大腸憩室炎 »